登山 行蔵の雑談日記

山登りが趣味のおじさんです。自分が好きな事、気になった事を雑記でつぶやいています。

【音声入力と学習障害】漢字が書けない学習障害(LD)には今の音声変換がとても便利!

テクノロジーの進化で便利になるもの

音声入力変換のレベルがかなり高くなっている

みなさんこんにちは!お元気ですか

 

今日は私が最近とてもレベルが上がってるな〜と感じるiPhoneなどの音声入力変換がとても助かる話をしたいと思います。

 

実は私は小さい時から文字を書くことが苦手でした。

 

ひらがなも覚えるのに苦労しましたし漢字などは今でも簡単な漢字でさえ覚えられません。

 

子供の頃は、自分の頭が悪いのだろうと感じていましたが、大人になって随分経ってから具体的には50代手前になってから、実は自分は学習障害(LD)かもと気づくきっかけ(書店で本を探しているときにふと目に止まって少し読んでみた)があり、色々自分なりにその分野の本を読んだり、ネットで調べたりしました。

 

結論から言うと、「はっきりとはわからないけどその傾向がある」と言う感じです。

もっと専門の医療機関で詳しく調べると色々細かくわかるのでしょうが、自分的には生まれつきそのような傾向があったのか、と判るだけで十分ですモヤモヤしたものが晴れたような感じです。

 

漢字が書けないと、学校のテストでは国語だけではなく社会とかもメタメタになるんです。

人名や地名を漢字で書けていないと❌になりますので、テストの結果は毎回悲惨でした。

自分で調べるようになってから知ったことですが、書字表出障害(ディスグラフィア)だと英単語の綴りを覚えるのも苦手なことが多いみたいで、英語のテストなどもかろうじてゼロ点は避けられている感じでした。

 

 

私の場合は、読むことや知能には問題はないのですが、書くことが非常に苦手でした。

 

調べるうちにたどり着いたのが「書字表出障害(ディスクグラフィア)」なのでは?と言うことでした。

 

学習障害(LD)の代表的なものは、生まれつき読み書きが苦手な発達性ディスレクシアがあり、日本でも全人口の数パーセントがいる様です。

 

他に読むことは問題ないが書くことが苦手な人(書字表出障害ディスグラフィア、私はこれだと感じています)、あるいは計算や数学的な推論が苦手な算数障害(ディスカリキュア)もある様です。

 

私は書字表出障害(ディスグラフィア)だと思いますが、パソコンなどのキーボード入力であれば問題なく文字を書けることが少なくありません。

 

しかし、今書いているこのブログ記事を手書きで書きなさい、と言われれば途端にほとんど書くことができなくなってしまいます。

 

幸いにも、今までの人生の中で学校以外で書面を手書きで書かなくてはならない場面が少なかったため、多少生活に苦労することはあったけれども、なんとか自分の人生を歩いてこれました。

 

そのせいかはわかりませんが、50代手前まで気がつくこともなかったのでしょう。(単純に今までは鈍感だっただけかもしれませんが・・)

 

だた今の時代はiPhoneなどで音声入力すれば瞬間にテキストに文字起こしをしてくれますし、最近は誤字や誤変換もかなり改善されていると感じます。

 

もしくは、すでにAIの方が余程優秀だと思います。小説などの物語も最近のAIはハイレベルで作れる様ですし、分野を限定すればもはや人間を遥かに超えているのでしょう。

 

私の場合は、テクノロジー進化の恩恵を受ける方が多ので非常に助かっています。

 

時代が進めば、そのうちに音声でほとんどの入力ができてしまうようになるのかもしれませんね。

 

取り止めもないお話にお付き合いくださりありがとうございました。

 

ではまた。See you next time・・・

 

秋の夕暮れは寂しさも感じる



 

【盛者必衰のことわり】スタバはもう古い?新しいコーヒーショップ!

季節は移り変わり自然は毎日変化し続けている。

 

『盛者必衰のことわり』

この世は無情であり、勢いの盛んな者もついには衰え滅びる

仏教用語で、「今栄えて絶頂にいる者も、必ず衰える時が来るのものである」という意味である。人生の無情を言う言葉。

 

日本では「平家物語」の冒頭の「沙羅双樹の花の色、盛者必衰のことわりを表す」の句は有名ですが、時代が移り変わっても理は変わらないのでしょう。

 

いま、ニューヨークで人気殺到中のコーヒーショップ「Blank Street Coffee」。いろんな投資家たちが投資しているスタートアップ企業で、合計6700万ドル(1ドル=140円換算で約94億円)を調達して、2年間で40店舗以上を展開しています。

 

直近のこの2〜3年は世界中がコロナ禍でその影響でビジネスが立ち行かなくなった業界も多数あったと思いますが、その時期に店舗を伸ばしているのはすごいと感じます。

 

超最先端のマシーンを導入して、バリスタの仕事を自動化したことで、高品質で生産性の高いコーヒーを作ることに成功。1時間に525杯作れる様です。

 

また客席のないキッチンカーやマイクロ店舗に絞って展開しているため家賃、人件費も削減できているのです。

 

結果、質の高いコーヒーを1杯3ドルと言う低価格で提供可能になりました。1週間に12ドルで飲み放題というサブスプリクションもあり、利用者が増加中です。

 

数年後、新たなコーヒーショップブランドが誕生しているかもしれませんね。

 

ではまた。See you next time・・・

 

 

 

 

【読書感想】本当に誠実な人と誠実そうに見えるが違う人

晩秋の秋に咲くコスモスの花

「本当に誠実かどうか」は逆境の時にバレる

人生のさまざまな状況にどう対処するかによって、リーダーの人格が浮き彫りになる。危機が人格を練り鍛えるとは限らないが、人格を露わにすることは間違いない。

 

逆境に直面する時、人は人格か妥協か、2つの道から選ばなくてはならない。

もし人格を選ぶなら、その選択がマイナスの結果をもたらしたとしても、そのたびに人は以前よりも強くなっていく。

 

本当に誠実な人は口先だけでなく行動で示す

「自分は誠実だ」と口で言うのは容易い、しかし、行動こそが人格の真の指標である。

だから、リーダーの人格と行動は、絶対に切り離して考えることはできない。もしリーダーの意図と行動がちぐはぐだったら、その原因はそのリーダーの人格にあると考えてもいい。

誠実そうで実は裏がある人は、困った時に逃げる

人生にはどうすることもできないことが多々ある。まず、親を選べない。生まれ育つ場所や環境も選べない。才能や知能指数も選べない。しかし、人格は選べる

我々は何かを選択するたびに、人格を作り上げているのだ。困難な状況から逃れるか、それを打開するか。真実をねじ曲げるか、その重みに耐えて立つか。楽をして金儲けをしようとするか、真っ当な対価を払うか。

あなたが今日どのように生き、どのような選択をするかが、あなたの人格を作り上げていく。

 

人格が未熟な人は昇進後にボロが出る。

才能豊かな人たちが一定レベルの成功を収めた後、突然、鳴かず飛ばずになってしまうのを見たこともあるだろう。その現象を解き明かすカギは人格にある。

 

ハーバード大学医学部の心理学者スティーブン・バーグラス博士によると、たとえ大成功を収めても、そのことがもたらすストレスに耐えられる人格的基礎を持たない人間は、やがて悲惨な結末を迎えるという。

 

博士は、そういう人物は次の4つの罠のどれかに陥りやすいと指摘している。すなわち、傲慢、孤立感、破滅的な冒険心、不倫である。どれも、弱い人格ゆえに払うはめになるひどい代償である。

 

成功のストレスから距離をおこう

バーグラス博士が指摘する4つのどれかに陥りそうな兆候を感じたなら、少し時間をとって休養することをお勧めする。成功のストレスから距離を置くために必要なことをし、専門家に相談するのも一案である。

 

人格のひずみを見極めない限り、そのひずみは時間の経過とともにますます大きくなり、身を滅ぼすことになりかねない

ではまた。See you next time・・・

【インプットとアウトプット】知っている事(知識)とやってみた(行動)事は違う!

森の中にいると気分が落ち着く気がする

みなさんこんにちは!お元気ですか?

 

季節が秋から冬へ移り変わるこの時期は体調崩してしまいがちです。体を冷やさない様に気をつけましょう。

 

最近読んでいる本で、インプットとアウトプットは3対7の割合が良いと知りました。

その本はこちらの本です。

ご存じの方も多いと思いますが「アウトプット大全」などのベストセラーを多数世に送り出されている精神科医の 樺沢紫苑 先生の本です。

 

本のコンセプトは「一人のビジネスパーソンが、仕事においても健康においても最適な1日を過ごすために必要な行動を紹介。それに加え最適な学習方法や最適な睡眠の取り方などビジネスマンに限らず子供や老人でも役に立つような情報も盛り込んでいる」と言う内容です。

 

この本の中でインプットとアウトプットに関して気になったことがあったのでご紹介させて頂きます。

 

インプットとアウトプット

まずインプットとは、「読む」「聞く」「見る」。一方、アウトプットとは「話す」「書く」「行動する」です。

 

インプットとは、脳内の情報量を増やすこと。たとえば、本を1冊読んで、その内容を誰にも話さない、何も書かない、内容を行動に移さないとするならば、あなたの現実は変わるでしょうか?

あなたは「多少賢くなった」と思うでしょうが、アウトプットしないとすぐに忘れてしまうので、現実は何も変わりません。単なる「自己満足」で終わります。

 

アウトプットする事で、記憶に残り身につき自己成長する。そして行動することで、はじめて現実が変わり始める。

 

私は、あまり人前で話したりすることが苦手なので、もっぱら読んだ本の内容の気になった箇所だけをノートに箇条書きで書き写したりしていましたが時間が経つとほとんど忘れていました。

 

と言うよりは、人に説明できるほど本の内容を理解できていない。と思います。

なので行動自体も変化はありませんでした。

 

ただこの本を読んでからは、朝散歩をしている時に頭の中で本の内容を思い返せるように「キーワード」だけをノートに書き出しておいて、そのキーワードから本の内容なり、連想できることなり、自分の生活に活かせることなりを想像するようにしています。

 

おそらくこれが、インプットとアウトプットの次にくるフィードバックになるのか?と感じているのですが、変化が起きるかどうかは分かりません。

 

インプットとアウトプットだけでは足りなくて、その後のフィードバックで得られた問題点、修正点、改善点を見つけ出して次のインプットに繋げていく事。

 

フィードバックがないと何度も同じ過ちや失敗を繰り返す羽目になるので、大切だと注意されてあります。

 

インプット→アウトプット→フィードバック→インプットの順番でサイクルを回していくと、螺旋階段を一歩ずつ登るようなイメージで自己成長していける様です。

 

この時の比率がインプット(覚える)が3でアウトプット(練習)が7と書いてあったので3対7の割合で少しずつ実行してみたいと思います。

 

できる範囲で良いので本で示されている解決方法や対処方法を一つずつ試していけば、いきなりは解決しなくても少なくとも今よりは状況は改善していくと思います。

 

本で読んで解決方法を知る→実践(実行)する→フィードバック(修正)する→このサイクルを回すことで悩んんでいたことが解決されていく。

 

今日から取り入れたいことや一度試してみたいと感じたことを書き出してみて実行していきたいと思います。

 

ではまた。See you next time・・・

夜の京都タワーは美しかった。



 

 

【手軽な気分転換】近くにある公園を散歩するだけで、かなりの気分転換になる

手軽に気分転換

みなさんこんにちは!

 

最近は朝晩の気温差が大きくなり体調を崩しやすいので、ご注意くださいね😁

 

今回は手軽な気分転換の方法のご紹介です。

 

答えは簡単。近くの公園を20分ぐらい散歩するです。

 

秋晴れの公園

綺麗に咲いてるコスモスの花

朝散歩は、起床から一時間以内に最低5分、できれば15分〜30分くらい、早足でリズムよく散歩をすることです。

 

朝散歩には、セロトニンの活性化、体内時計のリセット、ビタミンDの活性化という3つの効果が有ります。

 

太陽の光を浴びるだけで、セロトニンが活性化し体内時計がリセットされるのです。

健康な人なら5分間外にいるだけで、それらの効果を得られるのです。

 

実際にやってみると「朝の散歩はとても気持ちが良い」と気付かされます。

 

まずは、朝の5分間の朝散歩から始めてみると実感されると思います。

 

週に2、3回いつもより少しだけ早起きして5分歩くだけでかなりの気分転換になります。

 

歩いているうちに、10分、15分と歩いてしまうかもしれません。

 

最終目標は週に3、4回で15分〜30分の朝散歩ができると最高だと思います。

 

ぜひ一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

 

ではまた。See you next time・・・

自然の多い公園内を歩くだけで気分が良くなる



 

【読書感想】過去に読んだ本からの教訓

【チーズはどこへ消えた】

どんな職業、職場でも安定など無い。そして変化していないと「置いていかれる」1日数ミリでも変化、行動しているだろうか?

変化が怖いと感じるのは変化する前の段階であり、妄想である。

恐怖を乗り越えると楽しくなる。良くも悪くも変化してみよう!

今日も数ミリだけ頑張ってみよう!

【すごい早起き】

朝は脳のゴールデンタイム。1日のスタートが雑だと1日が潰れる。

朝に1日のやりたいことをリスト化しよう。朝起きれない人は睡眠を固定化する。

寝る時間、起きる時間を毎日守る。これだけでも人間はリズムが整うので自然と起きられるようになる。朝の行動が変われば人生が変わる。

【小さな習慣】

継続の力をバカにしてはいけない。やるのとやらないのでは天と地の差がある。

はじめはできるだけハードルを下げる。そして66日続けると習慣になる。

ジムには行くな。1日一回の腹筋でいい。モチベーションに頼ってはいけない。

はじめは人が習慣を作り、それから習慣が人を作る。

賢さをつくる

賢い人は間違わずに正解を見つけ出していると思っているが実際はそうでは無い。正くは頭の良い人はたくさんの間違いにぶつかったから正解がわかる。

ただ考えるだけではなく、行動の回数も人一倍多い。世の中は考えているだけでは答えは出ない。何度も行動して正解を見つけ出そう。

地中海の夕暮れが見れる場所に住んでみたい

ではまた。See you next time・・・

 

 

【自分が進む道】自分が歩む”道”について改めて問いかけてみる。

歩むべき道を探す

この道をゆけばどうなるものか、危ぶむなかれ、危ぶめば道はなし、踏み出せばその一足が道となり、その一足が道となる。迷わず行けよ、行けばわかるさ。

                             アントニオ猪木

 

先週、アントニオ猪木さんがお亡くなりになりました。

 

私は、プロレス黄金時代の世代ですので、毎週テレビのゴールデンタイムに放送される新日本プロレス全日本プロレスは楽しみにしていました。

 

その中でも、燃える闘魂 アントニオ猪木さんがメインイベントで登場されたらワクワクしながら試合をテレビで観戦していたことを思い出します。

 

冒頭の言葉は、過去の記事で知ったアントニオ猪木さんの名言です。

 

簡単に自分なりに解釈すれば

これから先、不安かもしれないけど、勇気を持って一歩踏み出せば辿る道となって成長できるよ。

と言う事だと思います。

めちゃくちゃ簡略化していますので、もっと深い意味を含んでいると思いますが、あくまで私の個人的な解釈です。

 

人生において、幾度となく目の前に立ちはだかる大小様々な壁がある。

あるいは進むべき道がわからないことが、あったのではないでしょうか。

 

私も今までの人生でたくさんありましたし、今も頭を悩ませている問題がたくさんあります。

 

間違えた決断をしたことも、数えきれないほど有ります。

でも、だからといって後悔はしていません。

 

”この道を選ばなかったら、もっと幸せになれていたのではないだろうか”

 

”あの時、あの決断をしていなかったら、その後の人生が悩まなくて済んだのではないだろうか”

 

”もっと違う道を選んでいれば、迷わなくても済んだのではないだろうか”

 

なんてことは無くて、その道を選んで歩んでいるのだから、自分が納得できるように、幸せになれるように、心を開拓していくしかないのです。

 

引き返して人生をやり直せるほど、人の人生は簡単では有りません。

 

進むしかない、行くしかないのです。

 

ただその決断を下す勇気が、どうしても出せない気持ちもよくわかります。(私は悩み抜いた末に何も決められないことが多いです)

 

本当に不安だし、大丈夫かな?と心配で仕方有りませんよね。

 

けど、こうゆう時に毎回思い出す言葉が有ります。

 

みなさん元気ですか? 元気があればなんでもできる。

そうです。これもアントニオ猪木さんの言葉です

 

失うものは沢山あるけど、それでも生きていればなんとかなる。

 

そんな気持ちが込められている言葉だと思います。

 

私も、迷いながらでも一歩ずつ前を向いて歩いて行こうと思います。

 

アントニオ猪木さん”ありがとうございました。心からのご冥福をお祈りいたします。

 

進む道はきっと見つかる

 

ではまた。See you next time・・・