登山 行蔵の雑談日記

山登りが趣味のおじさんです。自分が好きな事、気になった事を雑記でつぶやいています。

自己肯定感ーー育成入門

 親は子供に対して、どんな道を進んだとしても、幸せに暮らしていてほしいと願わずにはいられない。

だが、そのために親がすべきこととは何なのか。学歴、プログラミング、それともコミニケーションスキルだろうか?たしかにこれらは子供の可能性を広げてくれる。しかし子供の幸せを保証してくれるものではない。

 

 

子どもの「やってみたい」をぐいぐい引き出す! 「自己肯定感」育成入門

子どもの「やってみたい」をぐいぐい引き出す! 「自己肯定感」育成入門

 

現代は「やりたいことがない」という子供たちが増加している。放課後NPOアフタースクールの代表理事として5万人の子供たちを見守ってきた著者によると、失敗を恐れる子供たちは「自己肯定感」が不足しているという。この自己肯定感をキーワードに、親がどのように子供に関わってゆくのがよいのかを、わかりやすく解説している本です。

 

子供はいつか親の元を離れて、自分で道を切り開かねばならない。来るべき日に向けて親が今すべきことは何か。それは子供の失敗につながるような、あらゆる障害をことを取り除くことではない。子育ての目的は自立であり、自己肯定感を育むことは、子供の自立を促す。それは親がもつ子育てへのイライラの軽減にもつながる。

 

子供の自立を願う親たちはもちろん、子供をすぐに叱ってしまう。子供に対してすぐにイライラしてしまう。接し方に悩んでいる方はすぐにこの本を読むことをお勧めします。

 

子育ての究極目的は、子供の自立である。親は子供たちの「コーチ」役に徹するべき。

 

子供が自己肯定感を育むためには、子供がありのままでいられる「安全基地」の存在が重要になってくる。

 

大人が子供の人生の責任を負いすぎる必要はない。「自分は自分、子供は子供」という姿勢を貫くことが、子供の自立につながる。

 

f:id:MBOY:20190625083758j:image

 

なぜ自己肯定感が必要なのか?

 

チャレンジしない子供たち。子供は好奇心旺盛なものである。ですが「子供がチャレンジしない」という悩みを持っている親御さんは多いようです。親は子供にチャレンジしてほしいと願っている、一方で、当の子供はチャレンジせずに、そもそも自分のやりたいことがわからない。そんなことはどうでもいい状態にある。こうした状況の根源には子供たちの自己肯定感の低さがあるという。

 

自己肯定感とは「自分はここにいていいんだ」という感覚のことである。自己肯定感を充分にもてない子供は、失敗を恐れて新しいことに取り組もうとしない。

 

子育てや教育の目標は、子供の「自立」である。子供が自立して、成長を続けるためには、大人たちが子供の自己肯定感を支えることが重要なのである。

 

f:id:MBOY:20190625085337j:image

 

成果よりもプロセスに着目する

子供の自己肯定感を育むうえで注意したいのは「褒める」という行為である。子供がテストで良い点を取ったり、サッカーの試合で勝ったりとする。その時の多くの親は、子供も能力や結果に注目しがちになる。

 

しかし、親が成果や結果だけを評価してしまうと、子供の中には、こんな感情が生まれてくる。「価値があるのは自分ではなく、○○ができる自分であり、何もできない自分には価値がない」こうした価値観は無意識のうちに刷り込まれて漠然とした不安や焦りとなって、子供の心に住みついてしまう。

 

子供の自己肯定感を支えるのは、無条件に自分の存在を受け入れてくれる「安全基地」の存在である。親には、成果に関しては、どんな結果であっても受け入れる一方で、挑戦したプロセスを認めることが求められる。例えば子供のテストの点数が良かったとしよう、その場合はテストの点数だけに着目するのはNGである。「普段から頑張っていたからだね」とプロセスに着目した声かけが大切である。

 

子供を「ちょっと前の子供と」比べよう!

子供との関わり方で気をつけた方が良いのは、我が子を他の子供と比べることである。子供は周囲と比べられると、自分の努力よりも、周囲の客観的な評価ばかりを気にするようになる。何かを達成した時は自分が成長している実感を得られる。にもかかわらず、比較によって萎縮してしまうのはもったいない。

 

子供を評価するときは「ちょっと前の、その子供と比べるのが良い」誕生日や年末などで一年前のその子供と比べると、その子のさまざまな成長に気がつけるはずである。「○○がだいぶ、上手くなってきたね」という伝え方なら、うまく子供を褒めることができるはずである。子供を叱りがちな親御さんはぜひ試してみることをお勧めします。f:id:MBOY:20190625224544j:image