登山 行蔵の雑談日記

山登りが趣味のおじさんです。自分が好きな事、気になった事を雑記でつぶやいています。

人生は攻略できる

f:id:MBOY:20190701165347j:image

私たちはこれからどう生きるか?

日本では、安定した企業で長く働きたいというニーズはまだまだ根強い。ところが、かつて就職人気ランキング上位の常連だった大手銀行が軒並み順位を落としている。銀行の仕事がこの先も高い給与のまま残る見込みが薄いと考える人が増えてきたからだという。これまで安泰とされた成功のためのルールは確実になくなりつつある。

 

そもそも考えるべきなのは、同じ会社で働き続けることが、これからの時代を生きる上で自分にとって正しい選択なのかどうかという点である。

 

 

人生は攻略できる

人生は攻略できる

 

著者の橘玲氏は、人生を「ロールプレイングゲーム」と捉えて。若い内に、さまざまな可能性を探ろうと呼びかける。大事なのは若い内に、自分が好きで得意な「スペシャル(専門)」を身につけて、自分なりの魅力的な人生を築いていくことである。

 

こうした人生の「攻略法」を「お金(金融資本)」「仕事(人的資本)」「愛情・友情(社会資本)」の3つの観点から解き明かしていくのが本書である。

 

新しい時代のルールを理解したうえで「スペシャル」を基盤として、ここぞという時に正しい選択をする。その積み重ねで、これからの時代だからこそ可能な「「自由な生き方」への道が拓けていくのではないだろうか。若手社会人はもちろん、これから就職活動をする学生にもぜひ読んでいただきたい。

 

f:id:MBOY:20190703082308j:image

 

幸福のための土台の作り方は「お金(金融資本)」「仕事(人的資本)」「愛情・友情(社会資本)」の3つである

 

新しい時代のルールを理解して、大事なところで、正しい選択をすることで人生は攻略できる

 

「人的資本」を大きくするには、出来るだけ長く働くことと、社会に依存せずに、自分が好きな「スペシャル」を見つけて、それを極めることが重要になってくる

 

これからの時代の前提

お金があれば、自由になれる!

 

f:id:MBOY:20190703083640j:image

これまでの日本人の生涯は、終身雇用制のもと会社に依存したサラリーマン生活を送り、定年後は年金で余生を送るというモデルで表すことができた。

このモデルは、少子高齢化や年金支給年齢の引き上げなどで崩壊したと言われている。

しかし、今でも日本人の意識に根強く残っていると思われる。

 

この本が示しているのは、そうしたモデルから離れて、これからの時代を幸せに生きるための指針である。

 

近年パワハラや、ドメスティックバイオレンス、年金支給額の減額といった話を聞くことは珍しくなくなった。しかしパワハラをされても会社を辞めることができないのは、お金(収入)を会社に依存しているからである。ドメスティックバイオレンスにあっても離婚できないのは、家庭の収入を夫に依存しているからだろう。また退職した高齢者は年金を支給する国家に依存しているといえる。

 

大事なのは、理不尽なことが起きたら、自由に別の場所に移れるようになることである。そのためには、国家にも、会社にも、家族にも依存せずに生きていけるだけの十分な資産を持ち、経済的自立を果たす必要がある。お金を得ることは、真の「自由」を獲得することにつながるからである。

 

これからの時代は「人的資本」「金融資本」「社会資本」という「幸福のための土台」を築くことが求めらる。

 

https://exnet.sakura.ne.jp/afl_pro2/link.php?id=N0000783&s_adwares=SA000002

f:id:MBOY:20190703090007j:image