登山 行蔵の雑談日記

山登りが趣味のおじさんです。自分が好きな事、気になった事を雑記でつぶやいています。

成功出来ない人が無意識に絶対やること

f:id:MBOY:20190803000004j:image

 

『何か学んでおくべき本ってありますか?』

という質問を見たり聞いたりしますが

学ぶという姿勢はほんとうに素晴らしいですし、
学ばなければ富を得る事はできない。

これは真理だど思います。


ですが、学び方を間違えてしまえば
その学びはすべて水の泡になります。

(ここが一番難しい問題だと思います)


例えば、期間は1ヶ月、
東京から北に向かって遠くに行った方が勝ち!

というレースがあったとしましょう。


ライバルも、かなり沢山いて、
スタートと同時に全員が駆け出しました。


うぉおおおおおおおお!!!!


皆の勢いに圧倒されたあなたは、
先頭を見失ったら自分が何位かわからなくなる!

せめて先頭は視界に常に入れて、
最後の最後に追い抜いて勝とう。

そんなプランを組んで、
よーし!!とスタートを切りました。

 

絶対に勝つんだ!!と思った瞬間、
信じられない光景を目撃したのです。

そう、逆走するものがいたのです。

ゲームのルールは東京から北上、
つまり北海道へ向かって進む事です。


なのに、南下する人がいたのです。
しかも、爆走しているではありませんか。

(マイノリティ(少数派)と思われる人)


うーわ、あいつアホだなぁ、
ルールきっとわかってないんだわ。

かわいそうに・・・

 

しかし、ここは気を取り直して自分の事に集中しよう!

(これは真剣勝負だ)
そう思ったあなたは焦ったように
気合いを入れ直し北上し始めます。

1ヶ月後・・・


あなたは死に物狂いで1位の後に食らいつき、
なんと最後にその1位を抜いたのです!


やったァァァ!!!
秋田までこれたァァ!!前には誰もいない。これで優勝だ!


そう思ったかもしれません。


ですが、残念ながら
優勝したのは逆走していた、あの人だったのです。

 

エェぇぇ〜 なんで、どぉなっとんじゃ〜こりァァ!

f:id:MBOY:20210311190314p:image
そうです、彼は逆走し、
そのまま教習所に免許をとりに行ったのです。

 

3週間免許をとる為に勉強をし、その後、車をレンタルして、残りの1週間運転をしていたら・・・


余裕で北海道の最北端につき、
残りの時間は悠々と観光していたと。


あなたはひたすら走り続けた一方、
優勝者は、アクセルを踏んだだけ。

f:id:MBOY:20190803000320j:image
正しい知識を、
知っているのか?知らないのか?


たったそれだけの違いが、
ここまで大きな違いを生むのです。


もし2ヶ月だったらどうでしょうか?
もっと長い期間あったらどうですか?


歩いているあなたに対して、
飛行機に乗る人がいたらどうでしょう。

正しい知識を持つ者と持たざる者。

そこには大きな壁が出来る。
それは紛れもない事実です。


だから、知識は大切であり、
富を持つ者はその力を知ってるのです。

知識によって莫大な差が出る事を
富を持つ者は知っているのです。


だから、
人脈の構築にお金をかけるのです。

不動産をしたい時には不動産の、
飲食店をしたい時には飲食店の、

それぞれ知識を持っている人を
近くにおいておけばすぐ稼げるからです。


普通の人が経験して3年で到達する所に
金持ちは知識を得ることで1ヶ月で到達出来る。

残りの2年11ヶ月は、
ひたすら利益を伸ばし続ける訳です。


知識に投資をし、時間を買い、
その空いた時間で収益を伸ばす。


『知識に投資をしている、
故に金持ちは早く結果が出る』


富を持つものは、より富み、
富を持たぬ者は、より貧しくなる。


これはまぎれもない真理です。


ただし、知識に投資をするのは
目的があって初めて意味をなすのです。

あなたは今の本を読んで、
その知識を何に活かすのでしょうか。

収益を得る為のどの部分に、
その知識を使うことができるのでしょうか。

それを明確に伝えられますか?


目指すべきゴールがどこかを明確にし、
そのゴールの為に必要な知識を逆算して得る。


そのことをちゃんと考えましょう。


そうじゃないとせっかくの努力が
無駄になってしまうのです。

正しい方向に努力していきましょうね。

 

f:id:MBOY:20190803000809j:image