登山 行蔵の雑談日記

山登りが趣味のおじさんです。自分が好きな事、気になった事を雑記でつぶやいています。

新型iPhoneが発表された。「11」Proは3軸カメラ搭載。標準モデルは昨年機種の「XR」よりも価格はダウン!

f:id:MBOY:20190911113502p:image

写真出典  Apple .com

 

今年もまた新型iPhoneの発表時期になりましたね。

毎年の事ですが、Apple 愛好家の私は新型が発売されるたびに買い換えたい衝動に駆られるので、気持ちを切り替えるのに必死です。(本当にiPhone好きの方なら毎年買い替えるのかもしれませが)いかんせん購入できる予算が足りないんです。悲しい😭

 

発売は9月20日みたいですが、カタログなどもありませんので様々な予想を参考に新型iPhoneを見ていきましょう。(今年発売のモデルは5G回線には対応していないようです、おそらく2020年発売のモデルは対応機種が出て来ると予想されています)

 f:id:MBOY:20190911113747p:image

写真出典  Apple .com

                  ディスプレイ

今年発売されるiPhone 11シリーズは、6.1インチの液晶ディスプレイを採用した「iPhone 11」、5.8インチの有機ELディスプレイを搭載した「iPhone 11 Pro」、6.5インチの有機ELディスプレイを搭載した「iPhone 11 Pro Max」といった画面サイズと表示方式の異なる3機種になりそうです。

 

また、バークレイズのアナリストによれば、プレスの強さを段階的に検知する「3D Touch」は廃止になり、「iPhone XR」が採用している「Haptic Touch」に置き換わるとされています。現在の「Haptic Touch」では、ホーム画面からアプリのショートカットにアクセスしたり、LINEのトークで既読を付けずに読むことができませんが、「iOS 13」でホーム画面からのショートカットに対応する予定。ロック画面から懐中電灯をオンにしたり、カメラを起動したり、文字入力中にカーソルを移動することも可能です。

なお、最新の情報によればiPhone 11シリーズに搭載されるのは「Haptic Touch」ではなく、新しい「leap haptics」になるとのこと。詳細な機能は不明ですが、「Haptic Touch」の進化版となるようです。

 

ディスプレイの周りを囲うベゼルの狭小化とノッチの小型化を期待したいところ。当初はTrueDepthカメラのパーツをいくつか統合することでノッチを小型化する可能性があると報じられたものの、実績のあるリーカーOnLeaksが伝えた最新の情報によれば、可能性はあるもののほとんど見分けがつかない程度と報じられています。

f:id:MBOY:20190911115707p:image

写真出典 Apple .com

                         カメラ

カメラはiPhone 7シリーズ以来、3年ぶりの大型アップデートになりそうです。特に大きな進化が期待できるのは「iPhone 11 Pro」と「iPhone 11 Pro Max」の2機種。これらの上位モデルには3つのレンズを使用したトリプルカメラが搭載されるようです。

f:id:MBOY:20190911114811p:image

写真出典 Apple .com

超広角に撮影できるトリプルカメラ搭載

iPhone 7 Plusで初めて搭載されたデュアルカメラは、広角レンズと望遠レンズを備えることで画質が劣化しない光学2倍ズームや一眼レフカメラのように背景をぼかせるポートレート撮影が可能になりました。新しいトリプルカメラは、広角レンズと望遠レンズに超広角レンズが加わることで、GoProのように広い画角で迫力のある写真や動画の撮影が可能になり、広範囲のズーム撮影も楽しめそうです。

 

超広角レンズを追加することで新しいカメラ機能「スマートフレーム」が追加されるようです。通常ではフレームに収まらないエリアも自動で撮影することで、撮影後にトリミングやフレーミングの調整が可能になるとのこと。例えば、写真を撮ったあとで被写体が画角に収まっていないということはよくあることですが、「スマートフレーム」によって解消されるかもしれません。

 

3枚のレンズで撮影した写真を合成することによって、一般的なカメラに匹敵する高解像度の写真/動画を撮影できるようです。他にも暗所での撮影において画質が向上するほか、動画撮影においても機能が大幅に向上しプロ仕様のカメラに近づくようです。

 

トリプルカメラによってカメラ性能の大幅な向上が期待できる一方でデザインにおいてはマイナスになるかもしれません。iPhone 7 Plusのデュアルカメラは2つのレンズが横に並ぶように配置されていましたが、iPhone Xでは反対側に配置されるTrueDepthカメラとの干渉問題によってレンズが縦に並ぶように変更。ユーザーからは「ダサい」「机に置いた時にガタガタして操作しづらい」といった声があがりました。

 

トリプルカメラは、スクエア型の土台の上に3つのレンズがトライアングル上に並び、背面の左上に配置されるようです。なお、これまでレンズの土台の色はブラックに統一されていましたが、iPhone 11シリーズではボディに合わせたカラーになるかもしれません。ボディの色と統一することでトリプルカメラの存在感は薄くなりそうですが、“蓮コラ”のように見える人もいるでしょう。

 

iPhone  XRの後続機にもデュアルカメラ搭載

 

液晶ディスプレイやシングルレンズのカメラを搭載することで価格を抑えた「iPhone XR

上位モデルのiPhone XSiPhone XS Maxに手が出ない人向けに販売されたものの、売れ行き不振が報じられ、国内キャリアも異例のキャンペーンを打つ事態になった。しかし、Appleは今年も後継モデルを発売するという。

同じ事態にならないような策が必要になるが、その1つはデュアルカメラとなるようですね。

 

レンズの性能は上位モデルと同等の性能になる?

 

今年発表される次期「iPhone XR」のカメラは広角レンズと望遠レンズから構成されるデュアルカメラを搭載するという。

 

直近で流出したレンダー画像から次期iPhone XSと次期iPhone XS Maxには3つのレンズを搭載したトリプルカメラが採用されることがわかっているが、次期iPhone XRはレンズを流用することでコストを抑える狙いがあるとのこと。広角と望遠レンズの性能は上位モデルと変わらないということになる。

 

ポートレートとズーム撮影の性能が大幅に進化!

 

デュアルカメラになることで何が進化するのか。それはズームとポートレートみたいです。

 

現行の「iPhone XR」はシングルレンズのため、画質が劣化するデジタルズームの使用を強制されてしまう。ズーム倍率は上位モデルの半分の5倍で、ズーム操作もピンチアウトする必要があるため決定的な瞬間を逃してしまうことも多かった。

また、ポートレート撮影は機械学習によって人物の顔を認識して背景ぼかしを適用するためペットや料理、草花といったその他被写体では有効にならない。

デュアルカメラではこれらがすべて解消される。

 

このほかにも次期iPhoneシリーズのラインナップは、5.8インチと6.5インチの有機ELディスプレイを搭載した2機種と6.1インチの液晶ディスプレイを搭載した3モデルラインナップになると伝えている。

3機種すべてが双方向のワイヤレス充電で実現するモバイルバッテリー機能に対応するほか、「iPhone XS」ならば2時間足らずでフル充電にできる急速充電が可能なUSB-C to LightningケーブルとUSB-C 18W電源アダプタの同梱が予想されるようです。

あとは防水機能も強化されているようです

 

f:id:MBOY:20190911114824p:image

写真出典  Apple .com