登山 行蔵の雑談日記

山登りが趣味のおじさんです。自分が好きな事、気になった事を雑記でつぶやいています。

年収300万円の生活の実態を調べてみる!どれくらいの生活水準になるのか?

f:id:MBOY:20191015095429j:image

年収300万円台の給与が一番多い割合を占めてる

国税庁の平成29年度「民間給与実態統計調査」によるとサラリーマン全体の中で男性の年収300〜400万円が17.8%、女性の年収100〜200万円が23.6%で最も多く、この年収で生活している方も多いと思います。

 

割合が多いからといって生活が豊かに送れているか?というとそうではないと思います。

そこで年収300万円台でどのくらいの生活が出来るのか調べてみたいと考えました。

 

ちなみに国税庁の「民間給与実態統計調査」によると日本のサラリーマンの平均年収は432万円となっているようです。

 

この中で正規社員と非正規社員の差がかなりあるようで正規社員平均年収は494万円、非正規社員(パート社員、アルバイト社員含めた)平均年収175万円となっていました。

f:id:MBOY:20191015095958j:image

当然サラリーマンでも平均値よりもかなり高額の給与がある方もいれば、平均値より大幅に少ない方もおられるのですが、税収面から見た日本全体のサラリーマン平均年収は3.8%増となっているので少しずつですが給与は上がっているようです。(私もサラリーマンですが年収は下がる一方なのですが・・・😭)

 

副業時代が到来していると言われていますが、この数字を見るとサラリーマンでこの先、自分が所属している組織の給与だけで生活していくのは厳しいと言わざるを得ない気がします。

 

年収300万円の手取りは?

年収300万円の手取りですが、月平均で20万円ほどになります。

年間で差し引かれる税金が60万円ほどになります

 

社会保険料:42万円

所得税:5.6万円

●住民税:11.7万円

 

実際に生活費として使える金額は年間で240万円ほどになります。

 

年収300万円の生活の実態は?

それでは年収300万円ではどのような生活が送れるのか?見て行く事にします。

家賃などの生活費に関しては以下⬇️を基準値(独身世代)にしています。

 

・家賃:60000万円

・食費:30000万円

・光熱費・水道代:6000円

・保険医療費:5000円

・交通費・通信費:10000円

・交際費:20000円

・その他の支出:15000円

 

これらを合計すると約146000円ほどになります。先程ご説明したとうり手取り収入は毎月平均20万円ほどになりますので、残りが54000円になります。これが毎月自由に使える金額になってくるのですが、上記の例では独身世代を基準にしていますので、教育費が入っていません。

 

家族がいて子供に教育費が必要な家庭では、年収300万円ではかなり切り詰めた厳しい生活水準になると思います。

年収300万円台では夫婦共働きで家庭を支えていく事になるでしょう。

 

しかし贅沢な生活はできないかもしれないけど住む場所を変えたり(田舎に引っ越したりする)、できるだけ自給自足するように工夫すれば、食べることも出来ないほど困窮することも無いと考えられます。

 

お金は有るに越した事はない(精神的安心にはなると思います)と私も思いますが、お金がすべてでは無いとも思います(お金が有るからといって幸せかどうかはわからない)

 

大変化の時代が到来していると言われていますが、私は力強く生きていく事が出来れば良いと思っています。お互いにこれから来る時代の波を乗り越えて行こうではありませんか。

 

 

f:id:MBOY:20191015100317j:image