登山 行蔵の雑談日記

山登りが趣味のおじさんです。自分が好きな事、気になった事を雑記でつぶやいています。

性格が習慣に与える影響!

遺伝子はあらゆる行動の表面下で働いている。

 

性格にも少なからず影響を与えている。

 

すべてが遺伝子により決まる訳ではないと思うけれど、少なくともなんらかの影響はあるのだろう。

 

趣向やクセも遺伝子の影響はあるかもしれない。

 

権力に対して従順か反抗的か

 

ストレスに強いか弱いか

 

積極的か消極的か

 

音楽鑑賞や美術館の鑑賞のような感覚的な経験に

魅了されるか退屈するか

 

このようなことは、遺伝的特性が組み合わさって

特定の性格へとみちびいている。

 

そうだとしたら自分の特性を知っておくほうが

いろんな場面で、役立つかもしれない。

 

もっとも信頼性が高い性格特性の科学的分析は「ビック・ファイブ」として知られている。

 

これは性格特性を5つの因子に分解する方法で

 

1 経験への解放性

この因子が高ければ好奇心や創造性が豊かになり、低ければ慎重で保守的になりやすい

1・2・3・4・5

 

2 誠実性

高ければ真面目で効率重視、低ければのん気で気まま

1・2・3・4・5

 

3 外向性

高ければ社交的で活動的、低ければひかえめで孤独を好む『(外向的か内向的かでご存知の方も多いと思う)

1・2・3・4・5

 

4 協調性

高ければ親しみやすく思いやりがあり、低ければ気難しく人と距離をおく

1・2・3・4・5

 

5 神経症的傾向

高ければ不安が多く神経質、低ければ自信が有り穏やかで落ち着いている

1・2・3・4・5

 

1〜5のレベルで自分なりに調べてみよう

 

大まかな性格の特性がわかると思う。

 

どれが良くてどれが悪いとかの問題では無いので

大体の自分の傾向を知っているだけでも、このあとの人生の選択が違ってくると思う。

 

習慣は性格によって決まるものではないが、遺伝子が一定の方向へ導きやすいのは間違いない。

 

どんな性格にしても、かならずあなたに合う良い習慣はあるはずなので、何かを習慣にしたければ根気よく続けてみよう。

f:id:MBOY:20211120223349j:image