登山 行蔵の雑談日記

山登りが趣味のおじさんです。自分が好きな事、気になった事を雑記でつぶやいています。

資産形成の基礎「複利」を学ぼう!

f:id:MBOY:20211130234828j:image

例えば5000万円の住宅ローンを借りたとします。

 

条件は1%の金利で35年を返済期間としたとして

毎月の返済額が一定の「元利均等返済」です。

 

この場合、毎月の返済額は14万1000円となり総支払額は5,928万円となり900万以上の利子をつけて返済することになります。

 

5,000万円の1%は50万円のはずですが、毎年元本に対して1%の金利がかかることで、このような大きな金額になります。

 

相対性理論で有名な物理学者の、アインシュタインの言葉が残っています。

複利は人類最大の発明。知っている人は複利で稼ぎ、知らない人は利息を払う」

 

1%の差が、知っていると知らないことで時間の経過とともに大きな差になります。

 

これは、習慣においても同じことが言えます。

 

ほんのわずかな、習慣の違いで人生にとてつもない差をうんでしまうのです。

 

お金が有形資産なら、良い習慣はあなたにとって無形資産と呼べるでしょう。

 

この本のなかで、「習慣は自己改善を複利で積み上げたものである。毎日1%の改善が長期的にはおおきな改善になる」と書かれています。

 

1日ではほとんど何も違いがないように感じても、数ヶ月、数年経てば計り知れない影響になる。

 

10年後に振り返って、はじめて良い習慣による利益と悪い習慣による損失がはっきりと見えてくる。

 

良い習慣を身につける唯一の正しい方法などないが、住宅ローンの返済のように1%の金利が長期では大きな差になる。

 

本の中には、さまざまな良い習慣を身につける方法が書かれていますが、私が参考にして続けているのは毎日の行動をその日の朝にリストアップすることです。

 

朝、目が覚めたらすぐに、メモにその日の予定を書き出します。

 

考えないで思いついたまま書きます。

 

1〜2分で書くので1行で20文字ぐらいです

 

・ミス無く今日一日を過ごして帰っている姿をイメージする

 

・顔を洗う時に、鏡の前で笑顔を作る

 

・漠然とで良いからうまくいっているイメージをもつ

 

・自分は大丈夫だと10回一人ごとを言う

 

・少しでも良いから読書の時間を作る

 

・ブログ記事を一行で良いから書く

 

こんな感じで、さっと書きます。

 

そして夜寝る前に、うまくいけばカレンダーに○を書き込みます。

完璧を考えないで、少しでもできれば○をつけます。

 

コツはとにかく毎日続けることです。

カレンダーに○を毎日書き込めるようにする

 

少しずつですが自分が変化して来たな、と感じだしたら良い習慣が身に付いています。

 

毎日のほんの少しの習慣が長い時間と共に、自分の運命を変えていくのです。

f:id:MBOY:20211130234849j:image