登山 行蔵の雑談日記

山登りが趣味のおじさんです。自分が好きな事、気になった事を雑記でつぶやいています。

新型コロナウイルスから人類への手紙

f:id:MBOY:20211212192645j:image

世界中に新型コロナウイルスが蔓延した2020年春、ヴィヴィアン・リーチという人が書いた「新型コロナウイルスから人類への手紙」という一通の手紙(一編の詩)が話題となりました。

 

ご存じの方も多いと思います。

 

これまで人類がさまざまな「間違った行為」を行い、「間違った方向」へ突き進んできた。

 

それに対して、地球が悲鳴をあげ、人類に警鐘を鳴らしてきたにもかかわらず、人々はまったく耳を貸そうとはしなかった。

 

だから、「私」(この手紙の書き手である「新型コロナウイルス」)が人類にメッセージを送っている。

 

この詩の最後には「自由にコピーして、シェアしてください」と書かれていますので、最後の一節を紹介させていただきます。

 

私はあなたを罰しているのではありません

 

私はあなたを目覚めさせるためにここにいるのです

 

これがすべて終わったら私は去ります

 

どうか、これらの瞬間を覚えておいてください

 

地球の声を聞いてください

 

あなたの魂の声を聞いてください

 

地球を汚さないでください

 

争うことをやめてください

 

物質的なことに気を取られないでください

 

そして、あなたの隣人を愛し始めてください

 

地球と生き物たちを大切にし始めてください

 

何故なら、この次、私はもっと強力になって帰ってくるかもしれないから・・・

 

この手紙を読んで、色々考えさせられることがありましたが一番に「私たち一人ひとりが、いかに毎日を希望を持ってイキイキと生きていけることが大切」なんだと強く感じました。

 

しかし、生活様式が一変し様々なストレスを抱えて、不安の中かで生きている現代人には「希望を持って生きましょう」と言われても具体的にどのようにすればいいのかわかりません。

 

しかし、一日の中で一瞬でも「自分が気に入った瞬間があれば」少しは、生き生きと過ごせるような気がします。

 

それには、日常生活の中で「これはいいな」「面白いな」と感じる瞬間を作り出すことが大切になります。

 

どんな些細なことでも、自律神経が整うと気分が上向きになります。

 

心と体は繋がっているので、「元気が出ない」「希望がない」と感じた時は、まずは体を動かしてみましょう。

 

少しでいいから散歩する(3分でも変わります)、深呼吸をする、部屋の一部分でも片付けると気分が変わります。

 

これが習慣化されれば、毎日、希望を持って、イキイキと生きていける状態に近づいて行きます。