登山 行蔵の雑談日記

山登りが趣味のおじさんです。自分が好きな事、気になった事を雑記でつぶやいています。

iPhone14は「4800万画素カメラ」搭載現行モデルの4倍に進化!

f:id:MBOY:20211217144845j:image

アップルが2022年に発売するiPhone14シリーズは、ここ数年で最もエキサイティングな端末になる見通しだ。

 

MacRumorsの報道によると、iPhone14シリーズの上位機種には、48メガピクセルの新しいメインカメラが採用されるという。

 

これは総画素数が現在の4倍になることを意味し、12メガピクセルのiPhone13を買ったばかりの人には残念なニュースかもしれない。

 

iPhone14シリーズには、48メガピクセルのメインカメラに加え、12メガピクセルの超広角カメラと望遠カメラが搭載される見通しだ。

 

 

 

48メガピクセルのカメラへの移行は、50メガピクセル以上が一般的になりつつあるアンドロイドの上位モデルの水準に、iPhoneのカメラ性能の引き上げ、8Kビデオに加えて、画像のシャープネスやデジタルズームの画質を大幅に向上させることにつながる。

 

GoogleのPixel6は、50メガピクセルのメインカメラを採用したことで、専用サイトのDxomarkで‘画質を大きく向上させた‘と評価された。

 

 iPhoneも48メガピクセルのカメラ採用で、シャオミやファーウェイの上位機種に並ぶ評価を獲得する可能性がある。

 

来年のモデルがどのくらいの価格帯になるかは未定だが、買い替えを検討してみようと思った。