登山 行蔵の雑談日記

山登りが趣味のおじさんです。自分が好きな事、気になった事を雑記でつぶやいています。

【解説】なぜビジネスにSFが必要なのか

今なぜ、SFを読むべきなのか

 

新型コロナウイルスによるパンデミックは、わずか2年の間に私たちの生活や社会のあり方を大きく変えた。

 

今後も新たな感染症は出現するだろう。

 

地球温暖化、気候変動、エネルギー問題など、世界は他にもさまざまな危機に直面している。

 

未来が不確実性を増していく中で、国や企業、そして私たちは、どうやって未来に備えるのか。

 

そこで、近年注目されているのがSFである。

目次

 

 

注目の理由その1

 
現在の危機を予測していたかのようなSF作品が数多く存在する。

 

コロナ禍を予測していたとして話題になったSF作品

 

 

196X年、アルプス山中でスパイが乗る小型飛行機が墜落。

スパイがイギリス陸軍の研究所から持ち出した細菌兵器が拡散し、人類は壊滅状態に。

南極大陸に滞在していて生き残った各国の観測隊員ら1万人は再建の道を模索する。

 

 

舞台は、かつて感染症が流行した宇宙国家ソラリア。

人間同士の接触を避け、各々が自宅からVR映像でリモートコミュニケーションをしている。

そんなソラリアで起きた殺人事件の謎を解き明かすべく刑事ベイリがロボット刑事ダニールと、ともに捜査を開始する。

 

注目の理由その2

f:id:MBOY:20220124144757j:plain

 

SFは新たなテクノロジーイノベーションの発想の源泉にもなってきた。

 

  1. ロボット
  2. アンドロイド
  3. ヒューマノイド
  4. サイバースペース
  5. メタバース
  6. 宇宙飛行士
  7. ロケット
  8. 音声認識
  9. 自動翻訳

 

SFを愛読し、影響を受けたリーダーや起業家、文化人も多い。

 

ビル・ゲイツ

エマ・ワトソン

イーロン・マスク

ユヴァル・ノア・ハラリ

バラク・オバマ

 

さらに、SF的な想像力や思考方法をビジネスに活用する動きも広がりつつある。

 

今なぜ、私たちはSFを学ぶべきなのか。

 

SFはどのように活用されつつあるのか。

 

歴史的な背景から活用の手法と実例までをお届けする。

 

 

SFは社会にどう影響してきたか

 

社会に影響を与えたSF作品はあまりに多いが、ここでは小説を中心に主な例を紹介していこう。

 

 

 

1865年『SFの父』ジュール・ヴェルヌの『地球から月へ』刊行。

続編『月世界へ行く』1870年と合わせ、ロケット工学の基礎を築いた。

ロシアの研究者コンスタンチン・ツィオルコフスキーをはじめ多くのロケット工学者に影響

(104年後、アポロ11号が人類史上初めて月面に着陸)

 

 

1886年ヴィリエ・ド・リラダン『未来のイブ』刊行。

アンドロイド(人造人間)という言葉を生み出す。

 

 

1920年カレル・チャペックの戯曲『RUR』刊行。

ロボット(人間の代わりに動作する機会)という言葉を生み出す。

 

1950年アイザック・アシモフの短編集

『われはロボット』(I,Robot)刊行。

 

この中で示された「ロボットが従うべき3つの原則」は後に多くのロボット工学者に影響を与えた。

(1990年ルンバで知られる、iRobot社が設立される(I,Robotが社名の由来に)

 

 

 

1952年、手塚治虫のSF漫画『鉄腕アトム』連載開始。

(1963年にテレビアニメ化)

 

1969年、藤子・F・不二雄のSF漫画『ドラえもん』連載開始。

(1973年にテレビアニメ化)

 

いずれの作品も実業家、研究者、技術者に多大な影響を与えた。

2014年家庭用の感情認識ロボット「Pepper(ペッパー)」が発表される。

鉄腕アトムが開発のきっかけ)

 

 

1984年ウィリアム・ギブスンニューロマンサー』刊行。

サイバースペース(電脳空間)という言葉を生み出した。

サイバーパンク」と呼ばれるSFの1ジャンルの記念碑的作品。

 

 

士郎正宗の漫画

攻殻機動隊』(全3巻)の第1巻刊行

(1995年に劇場用アニメ映画化、2002年にテレビアニメ化

他にも小説やゲームなど派生作品多数)

 

人間の脳とコンピューターネットワークを直接接続する「電脳化」、使用者の姿をカモフラージュする「光学迷彩」など、作品中に登場するさまざまな近未来テクノロジーとその緻密な設定が多くの工学者や起業家の心をとらえた。

 

mboy.hatenablog.com

 

1992年 ニール・スティーブンスン『スノウ・クラッシュ』刊行

メタバース(3D仮想空間)という言葉を生み出したほか、アバター(分身)という言葉も浸透させる。

 

米国西海岸のイノベーターたちに絶大な影響を与えた。

 

セルゲイ・ブリンgoogle共同創業者)

グーグル・アース(2005年無料配布開始)のヒントになったことを認めている。

 

ラリー・ペイジgoogle共同創業者)

スノウ・クラッシュ』を推薦書5冊に選ぶ。

 

■ リード・ホフマン(Linkedln創業者)

スノウ・クラッシュ』を参考に、Linkedlnの前身となるSNS「ソーシャル・ネット」を立ち上げる。

 

パルマー・ラッキー(Oculus創業者)

スノウ・クラッシュ』を少年時代に愛読

 

2021年Facebookをはじめ各社がメタバース事業に本格的に乗り出したことから再び注目を浴びる。

 

理想的な未来だけでなく、「実現してほしくない」ディストピア(反ユートピア)を描いたSF作品も社会に問題提起を果たしてきた。

 

ジョージ・オーエル『一九八四年』刊行。

国家による徹底した監視や思想統制が進んだ超管理社会を描くディストピア小説の傑作。

 

インターネットの概念すらない時代に書かれたにもかかわらず、街中に監視カメラが置かれ、ビッグデータが個人のプライバシーを脅かす現代社会を予見しているようだと指摘される。

 

 

マーガレット・アトウッド侍女の物語』刊行。

 

出生率の低下により、出産可能な女性が支配層のために子供を産む「侍女」となるという設定がフェミニズムの視点から注目をあつめる。

 

2017年にHuluでドラマ化されて反響を呼び#MeToo運動に影響。

同年、エマ・ワトソンが女性の権利を守る活動の一環で『侍女の物語』100冊をパリの街のあちこちに隠すパフォーマンスを実施したことでも話題になった。

 

そして、2008年現代SFの歴史を塗り替えたと言われる新たな傑作が中国から登場する。

 

劉慈欣『三体』全三部作の第一部が刊行。

各国で翻訳され、累計発行部数は2900万部の世界的ベストセラーに。

2015年にはアジア人作家の作品で初めて、SFで最も権威のあるヒューゴー賞の長編小説部門を受賞。

 

ストーリー

父を文化大革命で惨殺され、人類に失望していた物理学者の葉文潔。

ある日、巨大なパラボラアンテナを備える軍事施設にスカウトされる。

そこでは、超機密プロジェクトが進行していた。

 

時は数十年後・・・

ナノテク素材の研究者・汪淼は、世界的な科学者が次々と自殺している事実をある会議で知らされる。

汪はその影に見え隠れする学術団体への潜入を引き受ける。

 

そして汪が入り込む、3つの太陽を持つ異星を舞台にしたVRゲーム『三体』の驚くべき真実とはーー

 

著名人も『三体』愛読を公言

バラク・オバマ

『三体』を大絶賛。著者と面会も。

 

マーク・ザッカーバーグ(Meta創業者)

愛読書として『三体』を挙げる。

 

SFは未来を「予測する」ために創作されるわけではない。

だが、いつの時代も作家の豊かな想像力が起こりうる未来を色鮮やかに提示し、人々や社会に新たなアイデアやモチベーションをもたらしてきた。

 

新しいアイデアは、もうすぐ目の前に現れるのかもしれない!

 

ではまた。See  you  next  time・・・

f:id:MBOY:20220218101615j:plain