登山 行蔵の雑談日記

山登りが趣味のおじさんです。自分が好きな事、気になった事を雑記でつぶやいています。

【解説】職場に蔓延する学習性無力感とは

f:id:MBOY:20220222231350j:plain

職場に「やる気がない社員が多い」と感じることはありませんか?それは「学習性無力感」が関係しているかもしれません。

 

今回は、学習性無力感が職場に蔓延する理由や周囲に与える影響、上司や企業が対策としてできることについて考えていきましょう。

 

学習性無力感とは
はじめに、「学習性無力感」という言葉がどのように誕生したのかを解説します。それから、職場において社員が学習性無力感に陥る流れを説明します。

 

目次

 

学習性無力感は心理学の理論

学習性無力感とは、アメリカの心理学者で「ポジティブ心理学の父」とも呼ばれている、マーチン・セリグマンが1967年に発表した心理学理論です。

回避不可能なストレス状態に置かれると、抵抗することさえしなくなるという現象のことです。

 

通常、ストレスや不快感を与える状況に置かれると、そこから回避しようと努力するものです。しかし、努力しても回避できない状態が長期間継続すると、「何をしても無駄」だと学習し、自発的に行動できなくなります

 

「学習性無力感」とは別に、「学習性絶望感」「学習性無気力」とも呼ばれています。

 

犬を使った実験で証明された

学習性無力感の理論は、セリグマンが行った犬を使った実験で証明されました。犬を2つのグループに分けて別々の部屋に入れ、電気ショックを与えます。グループAは、パネルを押すと電気ショックが止まりますが、グループBはパネルを押しても電気ショックが止まりません。

 

その後、すべての犬を別の部屋に入れます。再び電気ショックを与えますが、低めの壁を用意しており、飛び越えることで電気ショックを回避できるようになっています。

 

グループAに属する犬は壁を飛び越えますが、グループBの犬はその場でじっと電気ショックに耐える行動に出ました。

グループBに属する犬たちは、はじめに経験したことから、抵抗しても電気ショックから逃れることはできないことを学びました。

 

そして、回避できる別の状況においても、努力することを諦めてしまったのです。

 

職場で社員が学習性無力感に陥る流れ

犬を使った実験と同様にことが、職場における社員にも起こることがあります。

職場では、ストレスになる状況に直面することが度々あり、誰もが初めは抵抗して、自力で乗り越えようと努力します。

 

しかし、努力しても乗り越えることができなければ、さらにストレスを感じるようになります。これを何度も繰り返すうちに「何をやっても無駄だ」と考えるようになり、抵抗や努力をすることをやめてしますのです。

 

学習性無力感が与える影響

学習性無力感に陥った社員を、そのまま放っておくのは得策ではありません。それは、職場にもさまざまな影響があるからです。

 

社員のパフォーマンスが低下する

学習性無力感に陥った社員は、自発的に行動できなくなり、パフォーマンスが低下します。「どうせ失敗するから」「自分には無理だ」と考え、自ら課題に立ち向かう力がありません。

その結果、細かい指示を出さないと動けない「指示待ち人間」になってしまうのです。

 

1人の社員のパフォーマンスが低下すると、周囲はそれをサポートしなければならなくなります。しかし、学習性無力感に陥る社員が増えると、サポートしなければならない業務が急増し、チーム全体のパフォーマンスの低下にも繋がります。

 

社員が意見を言わなくなる

初めは、やる気に満ち溢れており、さまざまなアイデアや意見を口にするものです。しかし、学習性無力感に陥ると、口を閉ざし意見を言わなくなります。

これは1人が声を上げたところで、状況は変わらないと考えていることによるものです。

社内で意見を交わす機会が減少すると、職場環境の向上は見込めなくなります。

新しいアイデアが生まれることもなく、現状維持に徹する保守的な雰囲気に満たされることになります。

 

学習性無力感は周囲にも伝染する

個人の学習性無力感は、集団にも伝染すると考えられています。職場においても、1人のネガティブな言動が、周囲の社員にも影響を与えるのです。例えば、新入社員が先輩社員から、「いくら頑張っても評価されることはない」などと言われて、やる気を徐々に奪われる場合があります。

 

頑張っても無駄」という考えが、管理職の間に広がっていると、チーム全体に学習性無力感が蔓延することにもなります。

 

精神疾患を引き起こすことも

学習性無力感は、ストレスや不安を与える状況が、長期に渡って継続することで陥ります。抵抗することをやめたとはいえ、ストレスや不快感を与える状況がなくなるわけではありません。学習性無力感が引き金となり、不眠症うつ病などの精神疾患を引き起こすこともあります。そうなると、長期の療養が必要となる場合もあり、休職や退職に繋がる可能性もあります。

 

 

学習性無力感が職場に蔓延するのはなぜか

社員が学習性無力感に陥るのは、職場環境に原因があるかもしれません。ここでは、学習性無力感が職場に蔓延してしまう原因として考えられる4つのポイントについて考えます。

4つのポイント
(1)何事も否定する職場文化
(2)誉められる機会が少ない
(3)モラハラパワハラが発生している
(4)学習性無力感に陥りやすい人もいる
 
何事も否定する職場文化
 
第一に挙げられる原因が、何事も否定する職場文化によるものです。
管理職に保守的な考えの人が多い職場では、「前例がない」を理由に、新しい企画などの提案を退ける傾向があります。何度も提案を退けられると、社員は「考えるだけ無駄」と感じるようになってしまします。
 
また、上下関係が厳しい職場では、自由に意見を述べる新入社員や後輩を「生意気だ」として、否定するケースもあります。このように、何事も否定する環境が、社員を学習性無力感に陥らせる原因になりうるのです。
 
誉められる機会が少ない
 
誉められる機会が少ない職場でも、社員の中に学習性無力感が蔓延することがあります。誉められる機会がないと、自分がしている仕事が認められているのか、その実感をしにくくなってしまいます。
 
充実感や達成感を得られる機会も減少することになり、努力することがなくなるのです。
また、人事評価が減点方式の職場は、減点のリスクを回避するために、消極的な考えを抱く社員が増えてしまう場合があります。
挑戦して失敗すると、減点対象になるからです。
 
モラハラパワハラが発生している
 
職場にモラハラパワハラが発生している場合も、社員の学習性無力感を招くことがあります。これらのハラスメントは、以前として根強く残る社会問題です。
すべての企業に、ハラスメント防止措置を講じることが義務付けられていますが、周囲が気が付かずに改善されていないケースもあります。
 
モラハラパワハラの被害者は、上司に相談するなど、自ら抵抗できればいいのですが、自分に落ち度があると思い込んで学習性無力感に陥ることがあります。
 
学習性無力感に陥りやすい人もいる
 
ストレスへの耐性は、社員ごとに異なります。生まれ育った環境や性格によって、学習性無力感に陥りやすい人もいます。例えば、ミスをした時に、「自分に能力がないからだ」とする人と「今回は運が悪かった」と考える人がいます。
 
同じ状況ではありますが、前者の方が学習性無力感に陥りやすいと言えるでしょう。また、完璧主義な人の場合、ミスを許されないため、自分に必要以上のプレッシャーを与えてしまします。難しい課題が続くと、理想の結果が得られずに「自分はダメだ」と決めつけてしまうのです。
 

学習性無力感の蔓延を防止するための対策としてできること

最後に、学習性無力感の蔓延を防止するために、企業としてできる対策を4つ紹介します
4つの対策
(1)ポジティブな声かけをする
(2)小さな目標を設定し成功体験を積ませる
(3)以前と今回の課題は環境や目的が異なることを認識させる
(4)社員の声を聞く体制を作る
 

ポジティブな声かけをする

積極的に褒めることや認めることで、社員の承認欲求を満たすことができます。職場においては、直接業績に繋がらないこともたくさんありますが、普段の行動や仕事のプロセスなども含めて、些細な点でも褒めるようにしましょう。

 

職場の雰囲気をよくするムードメーカーであること、気持ちよく挨拶すること、時間を守りことなど、社会人として当然だと切り捨てるのではなく、褒めることで自己肯定感を与えるようにします。

 

上司のポジティブな声かけは、想像以上に大きな力があるものです。

 

小さな目標を設定し成功体験を積ませる

仕事へのモチベーションを失いつつある社員には、達成可能な小さな仕事を与えるなどして、成功体験を積ませるようにしましょう。「努力が報われた」「周囲の役に立てた」という場面が増えることで、再びやる気を取り戻すことができるかもしれません。

 

プロジェクトの一部だけを任せたり、業務とは関係のない社内レクリエーションや飲み会の幹事を任せると行ったことでも、達成感や充実感を得ることが可能です。

 

以前と今回の課題は環境や目的が異なることを認識させる

失敗体験がトラウマになっている社員には、以前との課題や環境、目的を認識させることで

改善に繋げることが可能です。例えば、大きなプレゼンで失敗したことが原因で、やる気を失っている社員がいる場合、グループ内でプレゼンを任せてみてもようでしょう。

 

その際に、プレゼンを成功させることが目的ではなく、プレゼンをすることが目的であることを説明します。プレゼンが終わったら、グループ全体で褒めることでネガティブな考えを払拭することができます。

 

社員の意見を聞く体制を作る

企業として社員の意見を聞く体制を作ることも、学習性無力感の蔓延を防止するために有効です。前例のない提案でも、一度聞き入れて参考にする体制が必要です。社員のいうこと全てを実施することは不可能ですが、一部だけでも参考にしたり取り入れたりできるかもしれません。

 

1on1ミーティングやアンケート調査の実施なども、社員の意見を聞くための機会になります。

 

学習性無力感は再学習で克服できる

学習性無力感は、体験したことを学習することで生じる状態のことです。「何をやっても無駄」「努力しても報われない」など、ネガティブなことを学習した結果、無力感や絶望感を抱くようになるのです。

 

その逆に、成功体験を積んだり「努力が報われた」「意見が採用された」といった体験を学習することで、学習性無力感を克服することも可能です。

学習性無力感が蔓延している職場でも、再学習によって克服し、活気のある職場に作り直すことができるのです。

 

ではまた。See you next time・・・

f:id:MBOY:20220222231402j:plain