登山 行蔵の雑談日記

山登りが趣味のおじさんです。自分が好きな事、気になった事を雑記でつぶやいています。

【世界の変化】コロナ禍で第1形態変化、ウクライナ侵攻で第2形態へ

『世界は変わり続ける。私たちがまったく想像できない世界へと変わってゆく』

ロシアのウクライナ侵攻

世界を駆け巡っているこのニュースを、私たちはどう捉えればいいのか?

 

一つだけ言えることは

 

『このままでは、世界は助けてくれない』が前提の時代になってしまう。

 

まず、今起きていることを整理すると、

 

ウクライナNATO、というより米国に従って、核を放棄した経緯があり。

 

・にもかかわらず、ロシアの侵攻について経済制裁が精一杯の状況。

 

・しかも、派兵したら第3次世界大戦へ一直線へ進んでゆく、なので派兵できないのも致し方ない。

 

という状況が続いていますが、これがなぜマズイかというと

 

・ロシア、中国、北朝鮮にしてみれば「軍事力をチラつかせれば、世界は何もできないのだな」ということを学習してしまいます。

 

・だったら「東アジアの領土問題でも同じことをやってもよさそうだな」

 

・結果、東アジアの緊張状態は今後、ますます高まるが、日本はそれに応じた対応ができるのだろうか?

 

では、私たちはこれから、どうしていけば良いのだろうか?

 

・まずは、2020年から始まったコロナ禍前後と同じく、今回も2月24日を境に、全く別の世界・時代が始まっていると認識しなくてはなりません。

 

・もう決して、ロシアのウクライナ侵攻前の世界へ戻ることはありません。世界は変わってしまったのです。

 

・自分の仕事・会社・家族・業界への影響について、自分なりに思考整理してみること。

 

・思考整理する材料が足りないなら、地理・世界史・地政学民俗学・宗教学などについて真剣に学んでみる。

 

まずは自分の認識を『2月24日を境に世界は全く別の世界に変わってしまった』にアップデートすること。

 

その上で、自分なりに考え抜かなくてはなりません。

 

もしも、学問的なハードルが高ければ、おすすめの漫画として「キングダム」があります。

ちょうど今回の状況は、『キングダム・合唱軍編』が状況把握には良いのではないかと思います。

 

 

いまウクライナが置かれている状況は

 

合唱軍編の「蕞(さい)防衛戦」と重なるので、今後の展開を考えたりする上でたいへん参考になると思います。

 

言いたいことは、

 

これからの時代を生き残るためには、活かせるものは何でも活かす気概をもつ。

 

このようなマインドセットを持ちながら日々を過ごして行けば、必ず明るい未来が切り拓けるはずです。

 

ではまた。See you next time・・・

よろしければ、読者ボタンをお願いします。たいへん喜びます。

 

f:id:MBOY:20220218101515j:plain