登山 行蔵の雑談日記

山登りが趣味のおじさんです。自分が好きな事、気になった事を雑記でつぶやいています。

【最新ニュース】東証の組織再編からKPOPまでを素早く知る

f:id:MBOY:20211229221105j:plain

東証1部、消滅

「最上位市場」が東証1部から「プライム」に

一流企業の代名詞だった「東証1部」が消滅しました。東証の株式市場は、4月4日から『プライム市場』『スタンダード市場』『グロース市場』の3つに再編。1961年の東証2部創設以来、約60年ぶりの再編です。

 

東証1部に比べて、プライム市場は上場維持の条件が厳しくなります。そのため、基準を満たすことが難しかったり、対応コストが重荷になると判断した東証1部上場企業の約16%は、プライム市場ではなくスタンダード市場への移行を選択しています。

 

新市場区分

「プライム市場」ー 多くの機関投資家の投資対象となり得る規模の時価総額流動性)を持ち、より高いガバナンス水準を備え、投資家との建設的な対話を中心に据えて持続的な成長と中長期的な企業価値の向上にコミットする企業向けの市場

 

「スタンダード市場」ー 公開された市場における投資対象としての一定の時価総額流動性)を持ち、上場企業としての基本的なガバナンス水準を備えつつ、持続的な成長と中長期的な企業価値の向上にコミットする企業向けの市場

 

「グロース市場」ー 高い成長性を実現するための事業計画及びその進歩の適時・適切な開示が行われ一定の市場評価が得られる一方、事業実績の観点から相対的にリスクが高い企業向けの市場

一方、プライム市場に移行した1839社のうち295社は、まだ基準を満たしておらず、「経過処置」の対象に。この救済処置の期間は定められていませんが、十分な改善ができなければ、企業はより基準の緩い市場区分への移行や、非上場化といった選択を迫られるでしょう。

 

KーPOPヒットの裏側、作曲家のブートキャンプ

BTSの米国ヒット連発など、世界を攻略しつつあるKーPOP。その成功を陰から支えているのが韓国大手事務所、SMエンターテイメントとスエーデンの音楽制作会社ケネルのタッグです。

 

両者が生み出した独自の曲作りが「ソング・キャンプ」と呼ばれるもの。これは20〜25人ほどの作曲家を集め、1週間間詰めでひたすら曲作りを行う、まさにブートキャンプのようなやり方です。SMからは「こういうアーティストのために、こんな曲が欲しい」と指示を出し、ケネルの作曲家らはチームを組んで月曜から木曜まで毎日1つ、曲を作ります。

 

ケネルはその裏側を「限られた時間の中で新しいアイデアをどんどん出すため、他のチームが別の部屋で作っている曲も聴こえてくるので、自分達が一番いい曲を作りたい」という健全な競争心も芽生えます。実際にこのキャンプから少女時代の「I Got a Boy」(2013)やEXOの「Wolf」(2013)といったヒット曲が生まれました。

f:id:MBOY:20220107223533j:plain



バーチャル旅行もできる、メタバースで英会話

YouTube英語のパイオニアである吉田ちかさんは、メタバース空間での英会話学習に可能性を感じると言いいます。それはなぜでしょうか?

 

これまで、日本人が英語が苦手だったのは、住んでいる場所に縛られて、英語でアウトプットできる場所が少なかったから。そこでYouTubeのコミュニティに、メタバースを研究する部活を作りました。

 

Zoomのミーティングも、ちょっとのっぺりしてつまらないのですが、それがメタバースでは変わるようになるのです。アバター同士が近づくと、会話がちゃんと聞こえて来る。英語を使ってバーチャル空間を旅することもできます。リアルの世界とは違っても別の世界を観光して、お見上げを買う。そこで店員さんと接するみたいなことも楽しめるようになるでしょう。

 

英語は世界共通語なので、メタバースの空間に行くと、そもそも英語を話している人が圧倒的に多い。英語ができれば、とんでもなく可能性が広がると感じている。

出典 YouTuber 吉田ちか

 

 

テクノロジーは確実に次のステージへ向かって進んでいる。乗り遅れないように私たちも準備を始めよう。

 

ではまた。See you next time・・・