登山 行蔵の雑談日記

山登りが趣味のおじさんです。自分が好きな事、気になった事を雑記でつぶやいています。

【映画鑑賞】「トップガン マーヴェリック」はやはり最高だった。

ついに公開された「トップガン マーヴェリック」

この映画は「人は何を見せられたら、『この映画はトップガンだ』と認識するか」という、人間の認知をハックした映画である。

 

この映画を見た感想を率直に言うと、『やっぱりマーヴェリックは超格好いいヒーローで、登場する戦闘機やカワサキのGPZも最高にカッコいい。もちろんストーリーも期待を遥かに上回る作品でした』になります。

 

前作から36年の年月が経過しているので、主人公のトム・クルーズ本人は59歳になっていますし、リアルタイムで初代「トップガン」に衝撃を受けた世代(私もそうです)もすでに大体アラフィフ以上くらいになっており、時代の変化や登場人物の設定、ストーリーの繋がりなどかなり難しいと思うのですが、そんな心配など見事に裏切ってくれました。

 

 

少しだけネタバレを含みますが作品紹介をさせていただくと

トム・クルーズが演じるのは、アメリカ海軍のアビエイターアメリカ海軍では水先案内人を意味する「パイロット」と区別するため、航空機搭乗員のことを「アビエイター」と呼ぶ)、ピート・ミッチェル。『マーヴェリック』のコールサインで呼ばれる天才的な操縦技術を持っている彼なのだが、無鉄砲で鼻っ柱が強い性格故に上官ともよく軋轢を起こしていた。

 

本来なら、彼の実績や功績などを考えれば、少なくとも少将(かなりの上官)にはなっているはずなのだが、今でも現役で戦闘機に乗り続けている一匹狼である。

 

そんなマーヴェリックだが、ある出来事がキッカケで海軍に居場所が無くなりそうになるが急遽、遂行困難な作戦任務が発生し危機一髪で彼の守護天使の計らいで、海軍が運営するスーパーエリート戦闘機搭乗員養成学校「トップガン」の教官に任命される。

 

すでに各配属先でスーパーエリートと呼ばれる戦闘機乗り達をどの様に育ててゆくのか、そしてそこからどの様な展開に発展していくのか、ここから先は是非劇場にてお楽しみください。

 

いやーそれにしてもカッコいい。私も大好きで初代トップガンでも名シーンだった、滑走路から飛び立つ戦闘機とトム・クルーズが乗るカワサキGPZ900R Ninjaが並走している。飛び去ってゆく戦闘機を見ながらサングラスをかけたトム・クルーズが笑みを残し走り去ってゆくシーンは続編でもしっかりありました。

 

最高の傑作の一つだと思うので、何度か映画館に足を運んでしまいそうです。

 

ではまた。See you next time・・・